RSS
Admin
Archives

百姓診断士の農楽堂

外資系企業を辞め、百姓を目指す、診断士のタマゴが書くブログ

プロフィール

林 英亮

Author:林 英亮
「茶林農園」代表。
(代表というか今のところ私以外に従業員はいないのですが。)
農業を通していろんな人を幸せにしたいと思っています。

Facebookページ始めました。
ご興味ある方、「いいね!」や「シェア」お願いします。
http://www.facebook.com/ChayashiFarm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07
26
Category : 未分類
今日は久し振りの休日。
平日に休みをとれるのは百姓の特権の一つです。

今日は、夏休みで私の特権を軽く上回る休みだらけの妻(高校で書道の講師をしています)と一緒に映画を観に行きました。
今話題のジブリ映画です。



内容は伏せますが、どこか懐かしい心温まる映画でした。
主人公はもちろん、全ての登場人物が愛すべき個性を持ち合わせていて、これまでのジブリ作品とはまた違った良さがありました。
まだ見ていない方にはぜひオススメしたいですね。

このブログは福井駅近く(映画館からも近い)のカフェで携帯電話を使って書いています。

ビールを飲みながら!



きっちり充電して明日からまた頑張ります!
2011.06
02
Category : 未分類
大好きな5月もあっという間に終わり、早くも6月になってしまいましたね。

今日は昼ごろに強い雨が降りましたが、その後は天気が回復しました。

私の畑はというと、ようやく暴風雨前の状態に戻すことができました。
(一昨日の午後と昨日一日は作業ができなかったので、今日やっと、です。)
キュウリ
ズッキーニ(手前)とナス定植予定地(奥)

さて、振り出しに戻った気分ですが、これで再び前に進めそうです。
2011.05
13
Category : 未分類
今日は久しぶりの晴れ。
やっぱり天気が晴れると気持ちも晴れます。
予報ではこれから1週間は晴れの日が続くようでテンションが上がるとともに、「この日に畝(うね)を立てよう」「この日に定植(=植え付け)しよう」と天気予報に基づいた農作業の計画を立てています。

(昨日までは3日間ほど雨の日が続いたので、晴れの日では出来ないことをしていました。税務署に行って青色申告の相談をしたり、会計ソフトをあれこれ品定めしたり、必要になる農具を見積もって注文したり、勉強したり、散髪したり、、、)


今日は珍しい来客がありました。

60歳位のおじさんと私の高校時代の同級生の女の子。

二人は親子、、、ではなく「農林水産支援センター」という職場で働く同僚です。

おじさんは、私が「一人で農業を始めた」という話を私の同級生から聞いたそうで、「一人でやるのは心細かろう。私でよければ話を聞くよ。」と、相談役を買って出てくれたのです。

はっきり言って、これはおじさんの仕事ではありません。
「農林水産支援センター」で働いていて、農業者の支援をするのが仕事ではありますが、おじさんが担当する仕事の範囲には入っていないハズです。
私は100%の善意として捉えました。
ドライなビジネスの世界では信じられないような有難い話です。うれしかったです。

一通りお互いの話をして「また来るよ。」と、おじさんと同級生は帰っていきました。


午後からは、ハーブの植え付けをしました。
前回、購入したハーブ苗の半分ほどを鉢植えにしたのですが、今日は、残りのハーブの苗を家庭菜園用の畑(水はけのよい砂質の土)と本畑(去年まで田んぼだった水はけの悪い粘土質の土)に植えました。(まだ植え付けていない苗も少しあります。)

多くのハーブは日当たりと水はけのよい場所を好みます。それは多くのハーブの原産地がヨーロッパや地中海沿岸の、やや乾燥した土地であることが関係しています。
しかし、中にはチャービルやチャイブのように半日陰でやや湿った土を好むものもあります。ミントなんかもやや湿った土を好みます。

前述のように、本畑は去年まで田んぼだったところです。粘土質で水はけが悪く、まだ畝(うね=作物を植えるために土を盛って5から30センチくらいの高さにする)も立てていません。
そこで、今日は本畑と道路との間の斜面に定植しました。(田んぼだったので畑より道路の方が高い。)
ゆるい斜面になっているし、すぐ隣に排水用の溝が切ってあるので、水はけのよい場所を好むハーブでも大丈夫かな、と半ば実験的に植え付けをしました。

ミントやカモミールで囲まれた畑って、ちょっと良くないですか?
私の勝手な憧れもあるかもしれません。

半分は鉢に植えてあるので、これくらいのちょっとの冒険は許されるでしょう。という気持ちもあります。

祈る気持ちで結果を待ちましょう。

家庭菜園用の畑では、去年の秋に種を播いたカモミールがもう少しで花を咲かせそうです。
カモミールの花

すでにリンゴのような甘酸っぱい香りを漂わせています。
花が咲いたら、これでカモミールティーを作ります。
去年の秋から楽しみにしていたので、なんというかもう、あとちょっとの辛抱なのですが、待ちきれません。。。


さて、話は変わって。

私の実家の周りは一面に田んぼが広がっています。(なので私の畑は田んぼの中に浮かんでいるようです。なので、とても目立ちます。)
今の田植えの時期には全ての田んぼに水が張られます。
田植え前の水田

小さい頃から私はこの風景が大好きでした。
いつもの田んぼ道に、突然大きな河が現れたような感じがするからです。

学校帰りの自転車で、雄大な田んぼの海の真ん中を一直線に進んでいく。
感動するくらい気持ちが良かったことを憶えています。
海を渡るモーゼの気持ちってこんな感じかなぁ、とか考えながら。
太陽の光がきらきらと反射して本当に美しいです。

しかし、最近は減反の影響で麦畑が増えてきました。
先ほどの写真の場所から道を一本隔てたところにも麦畑が広がっています。
麦畑

まぁこれはこれで美しいのですが、所々に麦畑があるので「一面が田んぼの大河」という訳にはいかなくなったのです。

(因みに、収穫時期になるとこれが黄金の草原になって写真の10倍くらい美しくなります。)
(因みに、田んぼは田植えが終わるとまばらにヒゲが生えたような感じになって興ざめします。)

2011.04
26
Category : 未分類
今日は一日中小雨が降っていました。

今日の作業はショウガの畝作り。

種ショウガを4月中旬から5月上旬に植え付けると、夏にはビールのお供にぴったりの筆ショウガ、晩秋には新ショウガが収穫できます。

私が楽しみにしているショウガの利用法は、「ジンジャーハイボール」です。

横浜に住んでいるときに、ジンジャーハイボールにショウガの搾り汁を「これでもか!」というくらい入れる焼き鳥屋さんがあったのですが、ホントに美味しかったことを覚えています。
ウィスキーをジンジャーエールで割っただけではあの味は出せません。
「これでもか!」のショウガの搾り汁が必要なのです。

あの味を再現したい!いやあの味を超えるジンジャーハイボールをガツンと飲みたい!この思いが私のショウガ作りのモチベーションとなっています。

なにはともあれ、今日はそのショウガ作りの出発点となる畝作り。
幅80cm、高さ20cmの畝を3本作りました。
道具はスコップ、クワ、レーキ、それと、真っすぐな畝を立てるためにロープと杭を使いました。

ショウガの畝

きれいな畝が出来上がったつもりですが、どうでしょう?
ここに1条(1列)で60cm間隔に芽出しした種ショウガを植えていく予定です。


ちょっとしたひと手間も加えました。
畝の間の通路部分をスコップで掘り下げて、そこに草と前作のキャベツやハクサイの残渣、発酵鶏糞を埋め込んだのです。
草取りででたゴミや前作の残渣の処理を兼ねた土づくりです。
畝の真下に入れると、これらの粗大有機物がショウガの根に悪さをする恐れがあると考えて通路部分に入れました。鶏糞は発酵促進剤の役割を期待して入れています。

草と鶏糞


さて、私は作業が終わると道具をきれいに洗うようにしています。
「道具を大切にする」、これは師匠の教えの一つです。
確かにきれいに洗っておくと道具は長持ちするし、次に使用するときも使い勝手がよいです。
百姓は泥だらけのイメージがあるかもしれませんが、そんなことはない、とてもキレイ好きです。

スコップを丹念に洗う私を見ていた祖母が、
「いいことだねぇ。私のおじいちゃんも道具を大切に使わない百姓はダメだと言っていたよ。」
と褒めてくれました。

でも、しかしながら。

祖母はスコップもクワも洗いません。。。
使ったら使いっぱなし。

でも、私はそれを責める気持ちは一切ありません。

祖母は昭和元年生まれ。
いつの頃からか腰も曲がり、最近は手押し車なしでは歩くことも辛そうです。
しかし、毎日自分の畑に行って作業をしています。
昨日はさつまいもを植え付けたそうです。

私は祖母を誇りに思っています。
道具を洗わなくてもしょうがないでしょう。
2011.03
14
Category : 未分類
被災された方々へ心からお見舞い申し上げます。

テレビやラジオ、新聞などのメディアから伝えられる被災地の状況に連日心を痛めています。

その一方で、被災された方々が懸命に助け合っている姿に心を打たれます。

「がんばれ!」「がんばれ!」と何度も心の中で繰り返しています。

被災された皆さんはとても心配で辛い状況だと思いますが、決して諦めないで頑張ってほしいです。

明けない夜はない。止まない雨はない。

どの被災地も必ず復興して、被災された方々にも一日も早く笑顔が戻ることを願っています。


今こそ私たちは心を一つに、皆で協力していかなければならないと強く思います。


私に出来ることは何かないかと考えた結果、義援金に協力することにしました。

今の自分にはこれくらいの行動しかできません。すみません。


このブログを見て下さった方々、皆で協力して頑張りましょう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。