RSS
Admin
Archives

百姓診断士の農楽堂

外資系企業を辞め、百姓を目指す、診断士のタマゴが書くブログ

プロフィール

林 英亮

Author:林 英亮
「茶林農園」代表。
(代表というか今のところ私以外に従業員はいないのですが。)
農業を通していろんな人を幸せにしたいと思っています。

Facebookページ始めました。
ご興味ある方、「いいね!」や「シェア」お願いします。
http://www.facebook.com/ChayashiFarm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09
20
Category : 農業
今日は朝から雨。
久し振りの休日をゆっくり過ごすことができました。

午前中に友人の美容師さんのところで髪を切り、妻と遅めのお昼ご飯を外で食べ、久しぶりの図書館で農業書とビジネス書を七冊ほど借りて、読書、昼寝、晩御飯。
で、今現在は妻が外出中なので私も近所の喫茶店で本を読んでいます。

一応、毎週火曜日は休むことにしているのですが今月はいろいろと忙しくてなかなか思うように休めずにいました。

中でも頭を悩ませていたのが、秋冬野菜の播種・定植と、会計処理です。

秋冬野菜はキャベツ、芽キャベツ、ハクサイ、ブロッコリー、カリフラワー、ダイコン、カブ、タマネギ、ニンニクなど。
初めてチャレンジする野菜も多いので勉強することも多く、天候にも左右され、やっと半分くらい終わったところです。

会計処理については、先週、会計士の方との打ち合わせがありました。
なので、打ち合わせまでに会計ソフトをある程度理解して一通りの入力作業をしておく必要がありました。

会計については中小企業診断士の資格取得の際に学んでいたので簡単に考えていたのですが、いざ実際に仕訳などを入力してみると、意外に面倒で、農業特有の勘定科目があったり、どう処理していいか分からないケースが多々あったりしてホント大変でした。

とにかく打ち合わせまでには必要な処理を終わらせることができ、会計士の方にも必要なアドバイスを頂けたので、今はようやく頭もスッキリ、知恵熱も下がりました。

ふと思い出したのがサラリーマン時代の新入社員研修の時に聞いた話。

学習には3つのステップがあるそうです。

最初のステップが「知る」もしくは「知っている」という段階。
情報としては頭に入っている状態です。
多分、本などを読んだら誰もがこの段階まで行けますね。
でも、この状態ではまだまだ学習の初歩の段階です。

次のステップが「分かる」「分かっている」という段階。
状態として頭に入っているだけでなく「理解」している状態です。
先ほどの本の例だと、熟読すればこの段階までいけますかね。
試験で合格するのにもこの段階くらいまでは進む必要があるでしう。

でもこれでもまだ学習の段階としては十分とはいえません。

そこで最後のステップがなにかというと「できる」「使っている」という状態まで行くことです。
ここまできて初めて学習したことが自分のモノになるのだそうです。

頭で分かっていてもいざ実行するとなると出来ないことって結構あると思います。

俗に言う、「頭でっかち」の人はこの最後のステップまで行っていないのかもしれません。

きっと私の会計の話にしても、最初の「知る」か二つ目の「分かる」くらいまでしか学習が進んでいなかったのでしょうね。

ふとこの事を思い出し、痛感した私なのでした。

Comment

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。