RSS
Admin
Archives

百姓診断士の農楽堂

外資系企業を辞め、百姓を目指す、診断士のタマゴが書くブログ

プロフィール

林 英亮

Author:林 英亮
「茶林農園」代表。
(代表というか今のところ私以外に従業員はいないのですが。)
農業を通していろんな人を幸せにしたいと思っています。

Facebookページ始めました。
ご興味ある方、「いいね!」や「シェア」お願いします。
http://www.facebook.com/ChayashiFarm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08
02
Category : 農業
8月になりましたね。

植物も元気いっぱいに夏を謳歌しています。

農園で収穫出来る野菜の種類も増えてきました。

キュウリ
ズッキーニ(終わりかけ)
トマト
ナス
トウガラシ
カボチャ

などなど。

オクラやピーマンもそろそろ収穫が始まりそうです。

因みに、元気がいいのは野菜だけではありません。

虫や雑草も元気いっぱいです。。。

当然と言えば当然ですね。
野菜だけが元気になるなんてそんな都合のいい話はありません。
特に私の農園ではまだ農薬を使用いていないので、彼/彼女らにとっても天国なわけです。

害虫については私とカエル軍団、鳥たちで何とか対処しています。
憎いことこの上なしですが、彼/彼女たちも私たちも生きるためにやっていることです。
生存のための競争がこんな畑でも毎日繰り広げられているわけです。

雑草もかなり手強いです。
種をまいた覚えも苗を植えた記憶も当然皆無なのですが、彼/彼女らの生命力はハンパないです。
踏まれようが虫にかじられようがお構い無し。数にものを言わせて畑を占拠しようと躍起になって生えてきます。

広い場所については私にも勝機はあります。
トラクターで浅く耕運してしまうのです。
完全に無くすことはできませんが、土にすきこまれて有機物として畑に還元させることができます。



ただし、狭い場所については本当に大変です。
いや、もう本当に。

特に畝と畝の間。
草刈り機では畝のマルチを破ってしまいますので、これはもう手で刈るしかありません。

除草剤を使えばいいんじゃない?
放っておけばいいんじゃない?

いろんな声が聞こえてきそうですが、除草剤は野菜やカエルたちにかかってしまうのがこわい、放っておくと害虫の住みかになるし野菜の生育に邪魔になる、と私は考えるので、やっぱり、現時点では、手で刈るしかないのです。

とはいえ、草刈りは農家にとって全くお金にならない仕事です。
草刈りの時間は少なければ少ないほどいい。

もっと効率的な対策を考える必要があります。


あ、忘れそうになっていましたが、このブログのタイトルにもある通り、私も始めました。

FacebookとTwitter。

始めたといってもまだ登録しただけですが。

農業をするにあたって、
生産者と消費者の間にある目にみえない壁を取り除きたい、
という想いがあります。

そしてそのためにはまず生産者側からどんどん情報発信をしないと。

そんなわけで私も始めることにしました。
初めは一方的な情報発信になると思いますが、双方向的なコミュニケーションツールとして活用できることを期待しています。

ただ、使い方がまだいまいちよく分かっていません。
温かく見守って(手取り足取り教えて)頂けると幸いです。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。