RSS
Admin
Archives

百姓診断士の農楽堂

外資系企業を辞め、百姓を目指す、診断士のタマゴが書くブログ

プロフィール

林 英亮

Author:林 英亮
「茶林農園」代表。
(代表というか今のところ私以外に従業員はいないのですが。)
農業を通していろんな人を幸せにしたいと思っています。

Facebookページ始めました。
ご興味ある方、「いいね!」や「シェア」お願いします。
http://www.facebook.com/ChayashiFarm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06
21
Category : 農業
今日からトマトの支柱立てを始めました。

先日、師匠が来た際に、

「トマトは合掌式の棚を作るといいよ。
この辺は風が強いからしっかりした棚をつくらないとな。」

とアドバイスをして頂いたので合掌式で支柱を立てることにしました。

合掌というと、小学校の給食の時、

「合掌。いたぁだぁきまぁす。」

と給食係りの号令のもと、必ず手を合わせてから食べた覚えがありますが、そんな感じで支柱を合掌のような形にして立てることを合掌式といいます。
(個人的には、「合掌」よりも「合掌造りの家の屋根」の方が正しい描写だと思いますが。)

まぁ、「いただきます」や「屋根」を想像するよりも、写真を見て頂くのが一番分かりやすいと思います。
合掌式支柱

水平に棒(支柱)をわたすことによって垂直方向の強度が増し、安定します。
また、端の方に斜め45度の棒(支柱)をわたすことによって水平方向の強度が増します。

支柱を組むときには、支柱の交差部分をひもで固定しますが、このひもの掛け方で支柱の強度がかなり左右されますので、家庭菜園の本などで確認した方がよいと思います。

また、ビニールひもよりも、麻ひもの方がすべりにくくてしっかり固定できるような感じがしましたので、最初はビニールひもで始めましたが、途中から麻ひもに変えました。
麻ひもで固定

風に吹かれて可愛そうだったトマトも支柱に結んでやることができました。
(before)
固定前
(after)
固定後

今日は2畝分の支柱を立てましたが、トマトだけであと4畝残っています。
明日、明後日で終わるかなぁ。

因みに、「支柱」の値段は意外に高いです。
今回使用した支柱は高さ210cm、直径16mmのものですが、一本あたり百数十円します。
使う量が量ですので、ちょっとお財布に優しくありません。

購入するにあたって数社から見積もりを取りましたが、思ったよりも価格にバラつきがあることが分かりました。

皆さんも購入の際には、数社から見積もりを取ることをお勧めします。
特に農家さんの場合は購入数量が大きいはずなので、その分の値下げ交渉などもしてみてもいいかもしれません。


オマケに、既に終わっているキュウリの棚も紹介します。
キュウリは一本立ての支柱と18cm目合いのネットを併用しています。
キュウリの棚

キュウリのひげがネットに絡みつき始めたようです。
ネットにからんだキュウリのひげ

愛らしいですね。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。