RSS
Admin
Archives

百姓診断士の農楽堂

外資系企業を辞め、百姓を目指す、診断士のタマゴが書くブログ

プロフィール

林 英亮

Author:林 英亮
「茶林農園」代表。
(代表というか今のところ私以外に従業員はいないのですが。)
農業を通していろんな人を幸せにしたいと思っています。

Facebookページ始めました。
ご興味ある方、「いいね!」や「シェア」お願いします。
http://www.facebook.com/ChayashiFarm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06
08
Category : 農業
太っちょの右手。。。
実はこいつのせいで今週はまだ作業が進められません。

思った以上に悪い状態だったらしく(確かにとても痛かったのですが)、始めは皮膚科の病院に通っていたのですが、昨日の朝、「ダメですね。腫れがひきませんね。紹介状を書きますので整形外科の病院へ行って下さい。」とサジを投げられました。

ばい菌が腱や骨に侵入しているならちょっとヤバい、手に負えない、というのが皮膚科の先生のご意見。

紹介された整形外科では、まずレントゲンをとって頂きましたが、

「骨は大丈夫ですね。」

とのこと。

「でも・・・」

でも?

「ちょっと腫れ過ぎですね。」

それはわかっています。

「方法としては、閉じた傷口を切って開くと治りが早くなるかもしれませんねぇ、あとは抗生物質を飲むのではなくて点滴するといいかな。あ、手の平だから切るとメチャメチャ痛いですよ。もちろん麻酔はしますが。。。
 とりあえず点滴して状態が改善しないようなら切開しますか?」

先生の力強い触診によって既に手の平の痛みがMAXに達していた私は、あまりの痛みに心が完全に折れていたので、とても「今すぐ切開して下さい!」とは言えませんでした。
「・・・それで(点滴でダメだったら切開で)お願いします。」というのがやっとでした。
(正直、注射や点滴だって本当は苦手なのですが。)


そして、昨日と今日は朝晩2回の点滴生活を余儀なくされています。


結果は、、、


とりあえず切開は免れたようです。


だいぶ痛みもひいてきました。
こうしてブログを書く元気も取り戻しました。
明日からは朝1回の点滴に減らすそうです。


ホントね、最初はこんな酷いコトになるなんて全然思っていなくて、今の状態に自分が一番びっくりしています。

早く治すためには安静にしているのが一番なのですが、天気のいい日に家でじっとしているのは肉体的にも精神的にも辛いです。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。