RSS
Admin
Archives

百姓診断士の農楽堂

外資系企業を辞め、百姓を目指す、診断士のタマゴが書くブログ

プロフィール

林 英亮

Author:林 英亮
「茶林農園」代表。
(代表というか今のところ私以外に従業員はいないのですが。)
農業を通していろんな人を幸せにしたいと思っています。

Facebookページ始めました。
ご興味ある方、「いいね!」や「シェア」お願いします。
http://www.facebook.com/ChayashiFarm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04
27
Category : 農業
今日は県の農林総合事務所の方のご紹介で福井県農業試験場園芸振興センターを視察訪問しました。

主な目的は①アスパラガスの栽培を実際に見せて頂きその方法を伺うこと、②野菜栽培について今後疑問が生じたときのために園芸振興センターの方とのネットワークをもつこと、の2点です。

園芸振興センター内のビニールハウス(約150㎡)で栽培7年目となるアスパラガスを見せて頂きました。
(注:アスパラガスは通常、種まき後3年目から10年目まで収穫ができます。意外に長生きします。)

下がその写真です。
アスパラガス1
アスパラガス2


我が家の野生アスパラガス君や2年目のアスパラガスちゃんとは比べものにならないくらい立派な姿に感激しました。

園芸振興センターの所長さんに栽培のコツを細かに説明して頂きとても勉強になりました。やはり実際に栽培研究している方の言葉は園芸書で書かれていることより断然説得力があります。

ここでは3月下旬から10月上旬まで収穫が可能とのことで、福井では梅雨時期に茎が枯れてしまう病気が発生しやすいため、販売することを前提に栽培するならビニールハウス内の栽培か雨除け栽培が必要とのことでした。

うーん、やはりビニールハウスが欲しいですね。

アスパラガス以外にも、センター内で実証栽培しているトマトやメロンなども見せて頂きました。

やはり農業においてもこのような地道な研究や検証が重要です。
私が抱えている問題はそういう研究結果や検証結果をどうやって入手・選別して自分の経営に役立てていくか。今日はその一つの足がかりが出来たと思っています。感謝。



Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。