RSS
Admin
Archives

百姓診断士の農楽堂

外資系企業を辞め、百姓を目指す、診断士のタマゴが書くブログ

プロフィール

林 英亮

Author:林 英亮
「茶林農園」代表。
(代表というか今のところ私以外に従業員はいないのですが。)
農業を通していろんな人を幸せにしたいと思っています。

Facebookページ始めました。
ご興味ある方、「いいね!」や「シェア」お願いします。
http://www.facebook.com/ChayashiFarm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.02
02
Category : 農業
しばらく疎かになっていた勉強会のレビューのアップです。

今回はインドネシアからの研修生、タタン君の発表。日本に農業研修にきて三年目、今春には帰国してインドネシアで新しいスタートをきる彼が卒業研究として取り組んだのが、
「日本の果物販売方法の研究」
です。

彼は私と同時期に同じ農家さんのところで研修を始めた、いわゆる私の同期生です。

これまで全く農業に携わったことがなく、始まったばかりの農業研修にドキドキワクワクしていた私、そして初めての海外研修でほとんど日本語が分からない状態で日本にきて三年間の農業研修の始まりにドキドキワクワクしていたタタン君。

三年経って、私は新規就農を果たし、タタン君はいよいよインドネシアに帰って新しいスタートをきろうとしています。

何とも感慨深いです…。

さて、そんなタタン君はインドネシアに帰って、ヤシの実やドリアンを生産・販売する果樹農家を目指すということで、日本とインドネシアの果物の販売方法の違いを研修しました。

インドネシアでは果樹農家が自分で収穫して市場に販売することはほとんどないそうです。

買取人と呼ばれる人たちが手配した収穫人が果樹農家の所有する果樹を収穫し、それを買取人が市場に運び販売する。

価格交渉は買取人によって行われ、結果として果樹農家にはほとんどお金が残らない状況のようです。また、消費者はその果物がどこから来たのか、品質の良い果物なのか、それらを知ることができず国内産の果物の評価が低くなっているとのことでした。

タタン君は日本での様々な販売方法にお驚きを覚えたそうです。

農家自らが市場で販売したり、インターネットを活用して直接個人客に販売したり、観光農園を開いてお客さまに直接農園に来てもらい果物を販売したり…。

これらの多様な販売方法を通して農家が価格交渉権をもちサプライチェーンの簡略化によって収益性を向上させていることに加え、農家と消費者との距離が縮められ、コミュニケーションが生まれ、お互いの「顔が見える」ことを通して品質向上にも繋がっている、とタタン君は考えました。

タタン君はこの研究成果を踏まえて、インドネシアで果樹農家を営みながら果樹園に直売所を併設したり観光農園を開いたりしたい!と夢を語っていました。

同時期に同じ農家さんのもとで研修を始めたタタン君と私。あれから三年経った今、野菜農家と果樹農家という違いはあれど「お客さまとの距離を縮めたい!」という同じ思いで農業に係われることを改めて感慨深く、そして嬉しく思います。

日本とインドネシア、場所は違えどお互い頑張っていこう!

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。