RSS
Admin
Archives

百姓診断士の農楽堂

外資系企業を辞め、百姓を目指す、診断士のタマゴが書くブログ

プロフィール

林 英亮

Author:林 英亮
「茶林農園」代表。
(代表というか今のところ私以外に従業員はいないのですが。)
農業を通していろんな人を幸せにしたいと思っています。

Facebookページ始めました。
ご興味ある方、「いいね!」や「シェア」お願いします。
http://www.facebook.com/ChayashiFarm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05
06
Category : 農業
勉強会のレビューです。

今回は、倉友くんが、家庭菜園誌の「やさい畑」の2011年春準備号の中から「コンパニオンプランツ」 についてまとめて発表してくれました。

コンパニオンプランツとは、ある植物に対してよい影響を与える別の植物のことで、異なる野菜を混植することによって、お互いの生長によい影響を及ぼしたり、害虫や病原菌から野菜を守ったりする効果が期待されます。

倉友くんは肥料や農薬を使用しない「自然栽培」を目指していて、コンパニオンプランツをその栽培に活かしたいと考えているそうです。

コンパニオンプランツとしては、キャベツなどのアブラナ科の野菜にキク科のレタスを混植する方法や、キュウリなどのウリ科の野菜にネギを混植する方法など、さまざまなものが知られています。

しかし、これを実践しているプロ農家さんとなると私はほとんど知りません。(一人は私の師匠、一人は私です。私は試しにやってみたレベルです。)

なぜ、プロ農家さんたちにコンパニオンプランツが普及していないか。

その理由としては以下の三つが考えられます。

一、多くの場合作業効率が悪くなる。
二、効果が見えにくい。
三、コンパニオンプランツの働く仕組みをよく知らなければ意味がない場合がある。

例えば昨年、私はトマトにバジルをコンパニオンプランツとして混植しました。
「トマトとバジルを混植すると互いの味を良くする」という情報を得たからです。

しかし、結果は「?」でした。

まず、無農薬で栽培したのですがトマトもバジルも害虫にかなり食べられました。

また、幸運にも害虫の被害がなく収穫できたトマトとバジルはとても美味しかったのですが、これがコンパニオンプランツの効果かと問われれば、「分からない」というのが正直なところです。
(効果が「味」のように曖昧なものでなくても農業では多くの外部条件の影響を受けるので、よい結果が得られてもそれがコンパニオンプランツの効果だと断定するのは難しいと思います。)

さらに、兄師匠曰く、
「トマトとバジルの混植で期待される効果は、夏場に他のエサがなくなったヒメハナカメムシ(トマトの害虫であるアブラムシやコナジラミの天敵)がバジルの花に集まり、それがトマトの害虫を減らすことだよ。で、バジルの花を咲かせる必要があるからバジルは収穫できないね。」
だそうです。そんな仕組みだったとは全く知りませんでした。(というか私が期待していた効果とも違う!)

トマトの中にバジルを植えていく作業はかなり手間でしたが、こうして無駄な努力に終わったのです。

ただ、
「コンパニオンプランツは、その効果の得られる仕組みをよく知れば作業効率をあまり悪くせずに利用できる場合もある」
というのが兄師匠の意見。

コンパニオンプランツについては多くの家庭菜園の本に紹介されています。

しかし、その効果が得られる詳しい仕組みについては書かれていない場合がほとんどです。(たぶん家庭菜園向けの本なので専門的なことや難しい話は割愛しているのでしょう。)

どこかに詳しい説明があるコンパニオンプランツの本はないですかね。。。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。