RSS
Admin
Archives

百姓診断士の農楽堂

外資系企業を辞め、百姓を目指す、診断士のタマゴが書くブログ

プロフィール

林 英亮

Author:林 英亮
「茶林農園」代表。
(代表というか今のところ私以外に従業員はいないのですが。)
農業を通していろんな人を幸せにしたいと思っています。

Facebookページ始めました。
ご興味ある方、「いいね!」や「シェア」お願いします。
http://www.facebook.com/ChayashiFarm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.04
29
Category : 農業
今回の勉強会は、北野くんの発表で、

「パリで生まれた世界一おいしい日本野菜」
山下 朝史

を勉強しました。

著者の山下さんは、23歳でフランスに渡り、盆栽業やゴルフ教師等の職を経た後に、43歳で農業を始めました。

現在では、1000坪の畑で(ハウス8棟と露地)野菜を栽培し、パリの超有名レストラン(三ツ星4件、二ツ星1件、一ツ星2件)に卸しています。

山下農園のシンボル的な野菜が日本の品種のカブであり、パリでは生で食べてもカキや洋ナシのような味のする「奇跡のカブ」と呼ばれているそうです。

私たちは「なぜ山下さんの野菜がパリでこれほど注目されているのか?」について考えました。

まず、「味」について。

山下さんの農園では、化学肥料は使わないものの農薬は使用しています。農園のある場所は日照時間が短く、水はけの悪い強粘土質の土壌。ただし、緯度の割には温暖な地域だそうです。畑の面積は小さめなので、きっと良く管理されているのだろうと想像できます。

こう見てくると、「世界一美味しい野菜」が作れるほどの特別な要素はないように思えます。もしかしたら、フランスにはない、日本のカブの美味しさが一番の秘密なのかもしれません。
(因みに、私の作るカブも生で食べるとカキや洋ナシのような甘みがあります。)

でも、栽培品目として日本のカブを選んだことは実はとても重要なことだと思います。

味が良く、目新しい野菜。常に進化し続けなければいけない世界最高峰のシェフ達が求めているものは、そういう野菜なのでしょう。そして、お客さまが本当に求めているものを察知して提供する、という能力は、農業だけでなく、モノづくり、サービスの分野でも重要な能力だと思います。

「味」以外で特筆すべき山下農園の特徴は、「最初から最高峰と取引をする」こと。

山下さんは農業を始めてすぐにパリの有名レストランに野菜の売込みに成功したそうです。(どうやら、友人のつながりがあって取引が開始できたそうなのです。)一流のシェフと実際に顔を合わせてコミュニケーションを続けることで、彼らが何を求めているか、どういう野菜をどのように作るべきかを知ることができ、また自分の野菜をどのように使って欲しいかを知らせることができたのだと思います。


私なりに山下さんの成功要因をまとめてみます。

1.
フランスで日本人が日本野菜を作るという珍しさ、インパクトがあり、他にライバルのいないブルーオーシャン戦略がとれた。

2.
小規模でありながら最高峰の相手と取引し、山下農園の野菜をブランド化することに成功した。

3.
実際に顔を合わせてコミュニケーションをとり、人間関係を大切にした。

もちろん、この前提として山下さんの人柄、真摯に農業に取り組んだことが挙げられると思います。

「人間関係を大切にする」

これは私も農業はしていて常日頃心掛けています。

作業は一人でしていても、「農業」は多くの人たちに支えられて初めてできるものだと感じています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。