RSS
Admin
Archives

百姓診断士の農楽堂

外資系企業を辞め、百姓を目指す、診断士のタマゴが書くブログ

プロフィール

林 英亮

Author:林 英亮
「茶林農園」代表。
(代表というか今のところ私以外に従業員はいないのですが。)
農業を通していろんな人を幸せにしたいと思っています。

Facebookページ始めました。
ご興味ある方、「いいね!」や「シェア」お願いします。
http://www.facebook.com/ChayashiFarm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03
16
Category : 農業
今回の勉強会は自身の牧場で絞った牛乳を使って三国町でこだわりのジェラートを手作りし販売している山崎さんの発表です。

「牛を屠る」佐川 光春  著
を勉強しました。

山崎さんは本書を通して、畜産に関わる人間として、屠畜を職業としていた著者の目線から、命を食べて生きることを人に伝える技術を見出そうとしたのかもしれません。

正直、私は屠畜の話は苦手です。残酷に感じている部分があるからかもしれません。採血の注射を怖がるくらい血を見るのも苦手です。(以前、勉強のためにと、屠畜に関わるDVDを頂いたことがありますが、結局まだ見れていません。)

でも、小さい頃から肉は大好きです。(今では野菜を作っていますが、小さい頃は野菜は大嫌いでした。)

食べるのは大好き、でも屠畜からは目を背ける、そういう自分を卑怯だと思います。が、でも、やはり苦手なのです。

結局、私は生きている動物と自分が食べる肉を切り離して、その間の過程をブラックボックスに閉じ込めたままにしてきました。

そのブラックボックスを開けるべきだという気持ちと開けたくないという気持ちとはずっと同居してきましたが、今回、山崎さんは勇敢にもその箱を開けようと試みてくれました。

本書では、牛・豚の屠畜の方法からその捌き方の技術、屠畜場で働く人たちとの交流など、著者の11年間の屠畜人として真摯に仕事に打ち込んだ経験が色鮮やかに書かれているそうです。

以下は山崎さんが深い印象を受けた部分の引用です。

「誰でも実際に働いてみればわかるように、仕事は選ぶよりも続けるほうが格段に難しい。そして続けられた理由なら私にも答えられる。屠殺が続けるに値する仕事だと信じられたからだ。ナイフの切れ味は喜びであり、私のからだを通り過ぎて、牛の上に奇跡を残す。労働とは行為以外のなにものでもなく、共に働くものは、日々の振る舞いによってのみ相手を評価し、自分を証明する。」

この文章が山崎さんの心を打ったのは、そこに一切の小手先のテクニックがなく、自分の中で熟成されたものを素直に表現しているからだと思います。

私はここに、宮大工の職人が木を削るような厳粛で神聖な雰囲気を感じました。一つの命とそれに静かに向き合う命。

「屠」という文字はもともと神聖な文字なのだそうです。語源を辿っていくと「祝」と同じような意味なのだとか。(確認はしていませんが。)

決して屠畜の仕事を美化しようとは思いませんが、それは一つの必要とされる仕事であり、私たちはこの仕事の成果を享受していることに間違いはなさそうです。

肉を食べることも野菜を食べることも、「命を頂く」ということに変わりはありません。

実際に私たち人間はそうやって生きているのです。

考えてみれば当たり前のことですが、普段は気にもとめないことでした。

今回の勉強会を通して、たまにはこのことを思い出し、他の命を頂いて成り立っている自分の命の重さを感じたいと思いました。

そして、それなりの生き方をしないと。

さて、以前頂いたDVDはいつ観ましょうか。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。