RSS
Admin
Archives

百姓診断士の農楽堂

外資系企業を辞め、百姓を目指す、診断士のタマゴが書くブログ

プロフィール

林 英亮

Author:林 英亮
「茶林農園」代表。
(代表というか今のところ私以外に従業員はいないのですが。)
農業を通していろんな人を幸せにしたいと思っています。

Facebookページ始めました。
ご興味ある方、「いいね!」や「シェア」お願いします。
http://www.facebook.com/ChayashiFarm

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03
16
Category : 診断士
Theme : ブログ日記
Genre : ブログ
昨日、中小企業診断士の実務補習を修了しました。
15日間コースですが、実質は約1ヶ月半に亘る過酷な補習です。

中小企業診断士の試験に合格するまでは独学で2年間勉強しました。
(1年目で1次試験に合格、2年目で2次試験に合格。)

外資系企業でプロマネとして6年間従事してきた私です。診断士の試験勉強は
しましたが、実際の業務こついてはほとんどイメージできていませんでした。
これまで独りで勉強を続けてきたこともあり、受講前は「他の受講生の
人達についていけるかなぁ。」とか「他の受講生と上手くやって行けるか
なぁ。」とか心配ばかりしていましたが、実際に補習を終えて、

「受講してホントに良かった!」

というのが正直な感想です。

実際、環境に恵まれたというのも1つの大きな要因にはなっていると思います。

幸いというべきか、何というべきかよくわかりませんが、3月末に今勤めて
いる会社を退職する予定で、3月からは有給休暇の消化に入ったため、
実務補習のハードなスケジュールにも何とかついて行けました。

指導員の先生にも、メンバー(基本的に6人の受講生が1グループとして
補習を受けます)にも、診断先企業(15日の日程で全部で3社の企業を診断
しました)にも恵まれました。

指導員の先生は、基本的には報告書作成の過程はメンバーに任せて口出ししない
というスタイルで、要所要所でコメントや指導を頂きました。(本当はもっと口出ししたい
こともあったと思いますが、忍耐強く見守ってくれました。)

メンバーはそれぞれいろんな経歴と個性を持っていて、いろんな知識やアイデア
を出し合って助け合うことが出来ました。
皆さん明るくて、本当に笑いの絶えないチームだったと思います。ただ、笑いがある
からいいのではなくて、本当に素晴らしかったのは、皆さんがきっちりと自分の考え
を持っていて、主張するときはドンドン主張し、話し合うべきことはトコトン話し合う。
そして最後には必ず「チーム」としての結果を残すことができた点だと思います。
他のチームは連日徹夜していた、というような噂も聞きましたが、私たちのチームは
3社とも徹夜などせずに、スケジュール通りに報告書を纏めることができました。
勿論、手抜きをしたというわけではありません。納得のいくアウトプットができたと
思っています。
(このチームで会社かなんかを作れれば面白いのになー、みんなで農業できない
かなー、と思います。)

診断先の企業の皆さんも、私たちのまだ未熟な報告を最後まで真剣に聴いて頂き、
報告会が終わった後はその企業のファンになってしまうくらい、いい人達ばかりでした。

実質1ヶ月半に亘る補習はスケジュール的に本当にハードでしたが、

独りで試験勉強していたときには絶対に

得られなかった経験を得ることができました。

皆さん、本当にありがとうございました!


このブログは、私のこれからの新しい挑戦である「農業」を中心テーマとして
挙げていくつもりですが、現在、中小企業診断士の試験を受けようか悩んでいる方、
試験に向けて勉強している方、試験には受かったけど実務補習を受けようか悩んで
いる方、そんな方々に役立つ情報も発信したいと考えています。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。